FC2ブログ

Extreme happiness

マガン 

ラムサール条約湿地 宮島沼

「マガン」が見頃だと野鳥好きの従姉妹から連絡が入り、早速、行ってみました。
遠く、ロシア極東に帰る体調を整える為、この宮島沼で二週間ほど中継地として休んでいるのだそうです。
日中は、この沼にはマガンの姿は見当たりません。
その二週間ほどの間に、ご近所へ行き、栄養をつけているのだという。
朝起きてご出勤、夜帰ってくるというのである。それが「ねぐら立ち」「と「ねぐら入り」だそうで、その様は一見の価値があると・・・。
まるで、どこかのサラリーマンのように勤勉です。途中で一杯引っかけて帰って来る輩はいないようですね。

因みに「ねぐら立ち」の時間は、早朝の四時前後だそうです。
朝になるとエサである落ちモミを求めて周辺の田んぼに向かって一斉に飛び立つのです。
とても我が家からは、「ねぐら立ち」は、とてもムリそうなので、夕方の「ねぐら入り」を狙い、出かけて行きました。
朝に「ねぐら立ち」したマガンが、夕方になると田んぼから編隊を作って沼に戻ってくるのです。
五時過ぎから、続々と四方八方から帰ってくるのです。
昨日は約八万羽だというから驚きでした。
それは、それは、もの凄い数のマガンが約二時間の間に順次に沼に着水するのです。
とにかく、言葉にもなりません、ただ、ただ、圧倒されますね。

ただ、残念なことに、その様子をどう撮ったらよいのかも分からず、見入ってしまったのです。
写真はとても満足できないものばかりでした。
でも、見ているだけでどう表現して良いか分かりませんが、とにかく良かった。

マガンたちよ!いっぱい、栄養をつけて元気に北を目指してくれ!!!


IMG_5658 (2)s
IMG_5597s.jpg
IMG_5732 (2)s
IMGP9132A (3)s
IMG_5978 (2)s
IMG_6342 (3)s
IMGP9127 (2)s
スポンサーサイト



trackback: -- | コメント: -- | edit